サルでも稼げる!信用取引の秘密の手法

「儲けてから始める」で利益を確定させる

信用取引には取引効率と利益の規模を高めてくれるというメリットがありますが、それに比例して損失額も高額化しやすいというデメリットも存在します。しかし、運用に工夫をすれば、誰でも損を出さずに信用取引を行うことができます。
例えば、利益が出ている銘柄の利益確定に信用取引を活用するという手法があります。利益が出ている銘柄が、以後も利益を出し続けるか、そこで株価が反転するかは誰も予想がつきません。そこで利益が出ているポイントで空売りを行い、株価の上昇と下落の双方に備えるわけです。反転下落した場合、現物株の下落分は信用取引の空売り分で補填できるので、しっかりと利益確定できたことになります。反対に上昇を続けた場合は、若干の利益の目減りは生じますが、空売りした信用取引分を手仕舞いすれば良いだけなので非常に簡単です。

株主優待権をほぼ無料でゲットする!

信用取引の構造を利用すれば、昨今話題になった株主優待権をほぼ手出し無しで手に入れることも可能です。
やり方は驚くほど簡単で、株主優待を受け取れる権利を得る権利落ち日よりも前に、優待が欲しい銘柄の現物買いと空売りを同時に行うだけです。一般的に株主優待が得られる銘柄の株価は、権利落ち日を過ぎると下落する傾向にありますが、その下落によって生じる現物買いした銘柄の損失分を空売りした分が相殺してくれることになるため、理論上無料で株主優待が手に入るのです。
もちろんこの手法では現物取引手数料や信用取引手数料、空売りしたことによる貸株料などがかかりますが、株本体では一切資産の手出しが必要無いため、信用取引で儲ける手法の一つとして、大変珍重されています。