怖くない!信用取引に挑戦!

信用取引では莫大な借金を抱えることの方が難しい!?

証券会社から資金や株といった有価物を借り、それを元手に株の運用を行う信用取引。その構造が借金に似ている点と、株価の上昇が損失となる空売りの場合は理論的に損失が青天井であるという点から、頑なに信用取引を忌避する人は少なくありません。
しかし、信用取引で莫大な損失を抱えてしまうケースはかなり稀です。知識の無い人が、返済できる見込みの無いお金を借りて大量の資金を投入し、信用の無い銘柄を取引するという無謀さが何重にもかさならなければ、まず生じることはありません。
さらに、一般的に信用取引では避けるべき事態だと考えられがちな「追証」に関しても、実際は投資家を守るセーフティネットに他なりません。信用取引に関する知識を収集し、しっかりとした運用方法を持つ投資家であれば、全く怖いものではありません。

まずは信用取引に慣れることから始めよう!

しかしながら、同じ株価の変動で儲けるとは言え、現物取引と信用取引ではその取引構造は大きく違います。莫大な借金を抱えることは難しいと言っても、やはり取引に慣れておかなければ、損失がかさんでその額が大きくなってしまうことも考えられます。
初心者が信用取引を始めるに当たり、プロが行うようなシステムトレードによる運用は大半の人は難しいと感じることでしょう。最初はリスクの少ない方法で信用取引の運用を行い、徐々に慣れていくことを心がけるべきです。信用取引でも、例えば現物買いと空売りを同時に行うことで手数料と金利のみの拠出で株主優待権を得るといった、株価リスクを全く考える必要の無い簡単な運用方法も存在します。こうした取引を行って経験を十分積み重ねた上で、信用取引を主体に利殖する運用方法を実践するようにしましょう。