今からでも遅くない?信用取引を始めよう

信用取引はどのような場面でも対応できる!

どのような金融取引においても、取引を行うのに適当な時宜というものが存在します。株に関しても同様で、株式相場が活況を呈して株価が上昇している場面でしか儲けることができません。
しかし、それは現物取引のみに限った話です。信用取引は資金の他に株そのものを借りて取引が行えるため、株を売ることから始める空売りができます。空売りでは株を高く売っておき、株価が下落した時に買い戻して返済すれば、その差額分が利益になります。従って信用取引の空売りは、株価が下落すると儲かることになるわけです。現物買いと空売りを上手く組み合わせれば、株価がどのような動きを見せていたとしても、理論上株式市場で利益を出し続けることが可能になるため、後々「この時点で始めていれば良かった…」という思いに駆られるようなことはありません。

信用取引の中にはエントリー時期を問わず利益を出せるものもある

しかし、株価の流れには周期性があるため、どうしても始める時期が遅いと、信用取引を行えたとしても利益を得るチャンスを逃してしまうことはあります。
一方で、そうした株価の周期性を一切気にせず利益を簡単に出せる手法が、信用取引には存在します。例えば、利益が出ている株の利益確定のために空売りで反対売買をしたり、現物買いと空売りを権利落ち日よりも前に同時に行っておくことで、株主優待をほぼ手出し無しで手に入れる方法などです。これらの手法は時機を見計らうどころか、信用取引に関する難しい知識や運用方法も必要無く、いつでも誰でも行うことができるため、今からこういった信用取引を始めたとしても、決して遅いというようなことはありません。