意外とかんたん?誰でもできる信用取引

信用取引は恐くない!

信用取引については、証券会社などから資金や株を借りて行う所謂「借金」としての側面と、理論上空売りに関しては損失の際限が無いという側面から、身を崩しやすい恐ろしい金融取引だというイメージが先行してしまいます。
しかし、よほど何も知らない状態で無謀とも言える取引を行わない限り、信用取引で全てを失ってしまうということは通常ありえません。取引に関しても、しっかりとしたセーフティネットが敷かれているため、莫大な借金に脅える必要は無いのです。当然、ある程度の知識を踏まえていなければなりませんが、信用取引を行うに当たってのハードルは決して高いものではなく、誰でもかんたんに始めることができます。では、まずはどういった点を押さえておく必要があるのでしょうか。

信用取引は現物と併用して運用しよう!

かんたんな信用取引の運用を求めるのであれば、まず最初に「信用取引のみで儲ける」という気持ちを捨てましょう。信用取引のみで利益を出すためには、現物取引では通用する裁量トレードは行わず、鉄の意志でシステムトレードを貫かなければなりません。これは、初心者などには非常に難しい運用方法です。
信用取引で手っ取り早く利益を出すに当たっては、現物買いとの組み合わせを意識して取引を行うよう心がけると良いでしょう。利益確定の現物売り手仕舞いを空売りに変えることで、銘柄の保有は継続しながらも株価の変動を見極めるような運用の仕方や、現物買いと空売りの両建てで株主優待権を株価の変動リスク無しで得る方法などは、初心者でもかんたんに行える信用取引の利殖方法です。最初はこうしたかんたんなやり方を繰り返して、しっかりと信用取引に慣れていくようにしましょう。